社員の意識を変える研修

社員の研修でスキルアップ

新入社員にとって大切なのが、社員研修による教育です。勤務する会社の業務について学ぶ事は当然ですが、社会人として必要なマナーを身に付ける場でもあります。ただ聞くだけの講義でなく、実践的にロールプレイする事によって理解が深まり行動出来るようになります。学生の気持ちから社会人へと意識を切り替えるのも、社員研修の大切な部分です。挨拶の仕方なども、学生の頃とは違った大人のマナーを身に付ける事が今後の社会人生活に影響を与えます。学生の頃のアルバイトの延長の気持ちでいる学生も多く、責任感などが欠けている場合もあるので、社会人としての仕事の進め方を教えて行くと同時に、全ての行動に責任が伴う事を学ばなくてはなりません。

中堅社員による人材育成

新入社員を育てる時の問題として、その人材のやる気がどれだけあるかが関係してきます。ゆとり世代だからとひとくくりにしてしまっては、本当にやる気のある社員の本質を見抜けなくなります。新入社員を育てるのは、中堅社員やベテラン社員ですので、その人たちが本当に人材育成しようと考えた時に、やる気のある社員を見抜く力が必要になってきます。とはいえ、社員教育する際に昔はこうだったからと自分が教えられた方法で教育するのではなく、教えられる側が聞き入れやすい環境で教える方が、身に付きやすく質問もしやすくなります。質問しにくい環境では、仕事を覚える事よりも他に神経をつかってしまい、本当に覚えなくてはいけない所まで行きとどかなくなってしまいます。